スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品紹介 ?勇者育成計画?

【タイトル】勇者育成計画 八百長魔王の聖戦
【作者名】チャアリィ
【ジャンル】育成SLG
【紹介文に記載されたクリア時間】100分
【実際に筆者がプレイした時間】約120分
【紹介文】
魔王が自分を倒すために勇者を育てる!?
それなり本格SLG 修正版

<簡単な作品紹介orあらすじ>
勇者いる所に魔王あり。
この世界の魔王は、勇者に倒される事によって、魔王としての地位を保っていた。

もちろん、魔王と名乗るだけあって彼自身はかなりの実力者。
彼が本気を出せば世界を征服するのは容易な事なのだが、彼自身はそれを望んでいなかった。
むしろ、そこであえて倒される事が勇者の為でもあるので、魔王自身もそれを望んで受け入れていた。

今日もまた一人の青年「クリム」が勇者になろうと生まれ故郷を旅立った。
「魔王様、また仕事ですか?」
「ああ。いつも通り、勇者に倒される仕事だな。
 まあ、今まで通りやれば難なく終わ……」

その時だった。彼の前に邪神デューズが現れたのだ。
奴は、魔王の体を乗っ取って、勇者「クリム」に本気で戦いを挑み、
彼を血祭りにあげようとしていた。
「ど…どうしよう…!
 このままでは乗っ取られた私が手加減できず、息子さんを殺してしまう…!」
慌てふためく魔王に、参謀はひとつの案を出した。
「…こうなったら、息子さんには勇者にふさわしい力を身につけていただき、
 魔王様を倒して頂くしかないかと…」
「そうだな…。そうするしか…手が無いな…。」

魔王は、彼を影からサポートする事によって、
「クリム」に勇者にふさわしい実力をつけて貰おうと試みる事にした。
魔物の派遣から宝箱の配置、不可解なイベントまで、
全て魔王が管理する事で勇者の動向を見守るのだ。
彼の旅は、無事にハッピーエンドを迎える事ができるのだろうか?


<感想>
以前、公開された作品の修正版。
「感想を書こうと思ったら消されてしまったでござる」と勘違いしたのも良い思い出。
7期で無事に修正版が公開されていました。
消されていなくて本当に良かった…

勇者に適度なレベル上げや回復、武器の調達などを影から気付かれないように行い、
全力で勇者をサポートする育成シミュレーションゲーム。
自動戦闘にはこういう使い方があったのか!

とにかく作り込みが凄く、紹介文通りかなり本格的。
各命令のバランスも絶妙でした。
本当に勇者を最強に育て上げてしまう魔王がイケメン過ぎるw
特に欠点らしい欠点は見当たらなかったと思います。

6期最強の一角と名高いこの作品。
その面白さは、思わず納得してしまう程のものでした。

個人的に、名作認定。
スポンサーサイト

テーマ : RPGツクール
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。パルソニック様。
勇者育成計画の作者のチャアリィです。
レビューありがとうございます。
えんのしたのゆうしゃさまやコンテスト・チャンス!には大いに楽しませていただきました。
それらを作り上げた方からの名作認定とはもったいないお言葉。

修正版(まだ誤記たくさんあるけど!)に関しては、ご迷惑おかけしました。
初期位置は俗に言う暗黒地帯だったのですが、数日後に評価ソートのままOLDからNEWに移った時目を疑いました。
30日に修正版を送っていたため、土日とすごい勢いで増える評価数を嬉しく思う反面、
「もったいねぇ! むしろ修正版と差し替えないでくれ!」
とも思ったりしましたw
いいんだ、万が一配信されたら恥ずかしいミスがあったから……!

しかし名誉ある呼ばれ方なのはいいが、某スレでは全然作品名で書かれないw
いろいろ語りたいことはあるけれど、長くなりそうなんでこの辺で。

Re: No title

どうもはじめまして。
2作品とも楽しんでいただけたようでよかったですw

>「もったいねぇ! むしろ修正版と差し替えないでくれ!」
修正版に差し替えた途端、評価が低くなって消えてしまった作品もいくつかありましたね。
自分も差し替えていたらと思うと…
いや、「沈黙の~」は差し替えるべきだったかもしれませんがw

>全然作品名で書かれないw
「六期最強~」ですね。それで何の作品の事か通じちゃうのが凄い!
おそらく、「ボインと~」などと並んで最優秀賞候補ではないでしょうか?
と個人的には思っていたりしますw

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>非公開の方
はじめまして。
とりあえず、なぜ別作品の記事にコメントをしたのでしょうか?
危うく見逃しかけました…
http://after404f.blog63.fc2.com/blog-entry-89.html
こっちの記事にコメントして頂いた方が見つけやすいです。

「えんのした~」楽しんで頂けたようで光栄です。
「コンテスト・チャンス!」の位置は自分でも不服だったりします。
でも、最近は順調に下がってきているようなので安心といえば安心です。

以下、多少辛辣な表現があるかも知れませんが、ご了承ください。

>ゲームとして理不尽な難度では無いとは思っておりますが、どうなのでしょう?
いまプレイ中なのですが、ハード(1人で攻略)はかなり理不尽だと思いました。
難易度が高いという意味ではなく、不親切な点がいくつか見受けられたという事です。

特に理不尽だと思ったのは、以下の2点です。
・いくらなんでも雑魚一体の経験値が低すぎる
・一度に登場する敵の数が多すぎる

後者について、Wizは最初からパーティに6人いるからこの要素が許されますが、
パーティが1人しかいない状態で6体を同時に相手する→仮に倒しても経験値6
というのは、ちょっと厳しすぎではないでしょうか?
状況によっては前にも後ろにも動けない「詰み」の状態になると思います。

もし差支えが無ければ、作者さんの純粋なクリア時間を教えて頂けないでしょうか?
特にハードモードが気になります。クリアに20時間以上かかりそうなのですが…
(もちろん、倍速などのテストプレイモード禁止&ズルクリア無しの方向で。)


現在はハードモードのセーブデータを残したまま最初からゲームを開始して、
せめてイージーモードだけでもクリアしようと試みていますが、
ロイの仲間の話を聞いて、妖刀を手に入れて仲間が一人いなくなった辺りで詰まりました。

地下も地上も一通り探し回っても見当たらない…
あと少しでクリアだと思うのですが、どこに進めばいいのでしょうか?
ヒントだけでも教えて頂けると嬉しいです。

長文&駄文失礼しました。

失礼しました。
なんとかラスボスらしき敵(ミノタウロス)まで行きました。
ここまで四時間…これが最後ですかね?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>非公開の方
>目的は、レベルアップとアイテム集め。
そんな感じはしていました。
その割には1回あたりの経験値が少ないように思いますが…
(Lv.18までに20921の経験値が必要。)

>アイテムを使う際
それは自分も思います。
結果的に敵アイテムよりも薬草系のほうが使う機会が多くなったり…

>戦闘は先手必勝、やられる前にやれ。
>素早さが重要です!
あれ?素早さアップアイテムって序盤にありましたっけ?
重要といわれましても、上げる手段が少ないと意味がないと思うのですが…
もしかして、何か見逃していたのでしょうか?

>ボス(デス)
あれ負けイベントだったんですか。
イージーだと無双できてしまうので、普通に倒してしまいました。

>攻略法を見つける、理解するというあの面白さ。
確かに『その手のゲーム』をクリアした時の達成感は異常ですよね!
とは言っても、俺の場合はRPGでは無くアクションゲームなのですが。

そのようなゲームが好きな方なら、このブログのリンクにあるDSのゲーム、
「超執刀カドゥケウス」や「コロぱた」をお勧めしてみます。
あとは「魂斗羅」「応援団2」とか。歯ごたえがあって面白いですよ。

>それで不親切と感じるかも
いや、そういう難易度に関しては問題なくて(むしろちょうど良いと思います)、
経験値の異常なまでの少なさやパーティ1人時にスライム6体というのが理不尽に感じたのですが。

たとえば、自分がスライムを瞬殺出来るレベルだとして、スライム6体に遭遇すると…
・スライム撃退→敵スライム5体攻撃→スライム撃退→敵スライム4体攻撃→以下略
で、最低でも計20回の行動エフェクトが流れます。
この時点で全体攻撃を持っていないと、非常に時間がかかってしまいます。

そして、レベル5まで上げるには少なくとも156の経験値が必要になります。
この経験値をどうやって稼ぐのかですが、先ほどのスライム6体でも6の経験値しか入りません。
結果的に「敵と会う→特技の連打」という作業が増えてしまいます。

何が言いたいかと言うと、この手の作品はツクールDS特有のもっさり戦闘で作るべきではないと思うのです。
経験値を少なく、エンカウント率を高く、かつ1戦闘あたりの敵を多めに配置する事によって、
とりあえずプレイ時間を長くしようとしているだけに見えます。
良く言えば長く遊べる作品ですが、悪く言えばただの水増しゲーにしかなっていないということです。

ただ、経験値をもう少し高めに設定したり、ダンジョンに何かしらの変化があれば、
十分良作だと胸を張って言えるぐらいに戦闘バランスは良いです。
特にハードの戦闘バランスは絶妙で、時間さえあればいつかクリアしたいとすら思えます。

>◎◎クリアに向けて
>◎カナデの仲間復帰方法。
すみません、昨日の夜の時点でコメントしたのですが、おそらくクリア目前です。
カナデも既に復帰済みです。申し訳ありませんでした。
とりあえず、現在はマタタビ少女のレベル上げしています。

>◎アイテムについて。
>・説明不足ぎみにわざとしてある。
これはナイスだと思いました。
序盤でスライムゼリーを売るときに「あれ?何で同じアイテムが何種類もあるんだ?」と思って、
試しに使用して初めて気付きましたw

>◎◎マタタビスーパーなるアイテム。
いつの間にか手に入っていたのですが、これ最強アイテムなんですか?
と思って装備してみたら…ちょwwwおまwww攻撃力www
確かに強いですね…

>プレイ時間
イージーモードですが、現時点(ラスボス?を倒すためにレベル上げ中)でプレイ時間5時間です。
まだまだ増える予感。

>無駄な時間を
なんだかんだで楽しんでいますのでご安心を。
イージーが終わったら、いくつかの作品(おそらくこれも)の感想を書いた後で
ハードをクリアしようと試みてみます。

長くなりましたが、結局はこういうことです。
・敵の強さに関しては文句なし。ナイスバランスです。
・難易度を無理に下げずに3つに分けたのも良かったです。
・敵数が多いので、全体攻撃は早めに持たせたほうがいいと思います。
・あまりにも経験値が少ないので、少し高く設定した方がいいと思います。
・作業になりがちなので、迷宮に何かしらの変化がほしいです。
・拠点(?)にもセーブポイントがほしいです。

余談ですが、コンテスト作品の「大氷河の迷宮」はご存知でしょうか?
今は簡易審査で消えてしまいましたが、この手の作品が好きそうなのでお勧めしておきます。
機会があればプレイしてみてはいかがでしょうか?(NDSアダプタ、公開スレなど)

またしても長文&駄文失礼しました。
クリアしてきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
超執刀 カドゥケウス コロぱた
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。