スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品紹介 ?えれめんと*ぱーてぃー?

<作品情報>
【タイトル】えれめんと*ぱーてぃー 少女と王子と衝撃の精霊達
【作者名】なぞのいきもの
【ジャンル】RPG
【紹介文に記載されたクリア時間】約300分
【実際に筆者がプレイした時間】約200分
【紹介文】
主人公レイラが、精霊界を舞台に大冒険!
やや正統派なファンタジーRPGだよ。

<簡単な作品紹介orあらすじ>
炎、水、風、土、そして光…
5人の精霊たちが守ってきた精霊界に、危機が訪れようとしていた。

人間界と精霊界は共に密接な関係にあるのだが、
人間の力では精霊界に行くことは出来ない。
しかし、精霊たちでは太刀打ちできない危機が世界に訪れた時、
精霊達が人間界に干渉し、『救世主』を呼ぶ事があるのだ。

そして、この世界の危機に『救世主』として精霊界に呼ばれたのは、
1人の王子と1人の少女であった…


<感想>
世界を救う『救世主』とその仲間達のお話。

戦闘バランスが良い。
思ったよりも長い道のりを旅するのだが、道中に休憩ポイントを挟んだり、
各地点に往復できるワープゾーンを用意している親切仕様。
また、マップを移動するたびに全回復するので、
わざわざ宿屋を使う手間がかからないのも個人的に良い仕様。

強いて言えば、1戦1戦に時間が掛かる事が多かったのと、
手に入るお金が少ないので全然武器を購入できなかったのが残念。

戦闘メインの正統派RPGだが、ストーリーもなかなかのもの。
全体的にとても可愛らしく、複雑ではないので世界観に浸りやすい。
さり気無く複線も回収するあたりよく出来ていると思います。

個人的に、名作認定。
スポンサーサイト

テーマ : RPGツクール
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました!

はじめまして、作者のなぞのいきものです。

このたびは、本作の感想を書いてくれてありがとうございました!


本作の感想で「戦闘バランスが良い」と言ってくれたのは、兄者とあなたくらいです!

易しすぎないように調整している程度のつもりなのですが、他のプレイヤーの感想を見ているとなぜかあまり良い話を聞きません。

難易度が低そうな世界観だからいけないのかなぁ。


ちなみにマップを移動するたびに全回復するシステムは、ツクールDSの「フェードイン・フェードアウト」は時間がかかるので、あまりデフォルトの宿屋を使いたくなかったことから思いついたのでした。

竜人ライフシリーズなど、第1回コンテストの作品では石版を調べて全回復だったのですが、今回はその石版の容量すら惜しかったのでマップ移動の中に織り交ぜた次第です。


そんな本作が今日まで残れたのも、この記事のおかげかもしれません。

改めて、ありがとうございました!!

Re: ありがとうございました!

はじめまして。


>戦闘バランス
え、バランスよかったですよ?
強いて言えば、お金の上限が少ないから
戦闘を繰り返さなきゃいけない部分が気になりましたが、
それはまたバランスとは別の部分だと思います。

>「フェードイン・フェードアウト」
あれは長いですね。
宿屋を「宿屋効果音」→「全回復」→「場所移動」で短縮している作品は
それだけで好感が持てますw

>竜人ライフシリーズ
あれ、「ハラハラ~」を是非ともプレイしたかったのですが。
あと1歩のところで間に合いませんでした…
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
超執刀 カドゥケウス コロぱた
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。