スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品紹介 ?ハクアイの聖騎士?

<作品情報>
【タイトル】ハクアイの聖騎士 怪盗テュハーンあらわる
【作者名】なかゆび工房
【ジャンル】自作戦闘バトル
【紹介文に記載されたクリア時間】約45分
【実際に筆者がプレイした時間】約50分
【紹介文】
国宝を取り戻すため戦う聖騎士のお話。
自作戦闘はここまで進化した!(笑)

<簡単な作品紹介orあらすじ>
王国に大切に保管されている宝物が、
"テュハーン"たる大怪盗に盗まれてしまった!
白き国宝を誰よりも大事に取り扱っていた"レオラ"は、
国王の許可を得て宝物の奪還のために怪盗のアジトへ向かう!

このゲームの最大の特徴は、その作りこまれた自作戦闘。
「味方パーティ×3 VS 敵×3」の最大3VS3方式で、
多彩なコマンドや敵AI、行動順序や逃走の演出など、
非常に作りこまれた自作戦闘を楽しむ事が出来る。


<感想>
白いものに目が無い聖騎士の宝物奪還物語。

まず何と言っても、自作戦闘SUGEEEEEEEEEE!!
今までプレイした自作戦闘の中でも、かなり作りこまれていました!
3VS3でターン制という複雑な処理の中、基本の各種特技や特殊攻撃の他、
攻撃力倍化やバリアなどの補助魔法に至っては能力重ねがけ処理まで可能で、
サイドビュー戦闘として必要なものは大体盛り込まれています。

また、チュートリアルの充実さ、コマンドやり直し機能、
その場で確認できる各特技の解説など親切な設計で、
戦闘開始時のコマンド表示や逃走演出にもこだわりを感じましたw

これだけ作りこまれた自作戦闘を搭載しながら、
ストーリーも目的を分かりやすく明示して、きっちりこなしています。
さらには多数の配信素材まで用意しており、ツクールDSで作られたとは思えない素晴らしい作品でした。

気になったのは、何度も同じメッセージを聞いてしまうという事。
例えば、王国2階にいる最初の目的地を教えてくれるキャラがいるのだが、
既に目的地に達成していた場合でも「あそこに行くのか」といったメッセージが流れてしまう。
容量が足りなかったとはいえ、それならいっその事、村人キャラやメッセージを減らせばよかったのでは?

個人的に、名作認定。
スポンサーサイト

テーマ : RPGツクール
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
超執刀 カドゥケウス コロぱた
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。