スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品紹介 ?ALFINE?

<作品情報>
【タイトル】ALFINE ?アルフィーネ?
【作者名】リッキー
【ジャンル】好感度搭載型RPG
【紹介文に記載されたクリア時間】約270分
【実際に筆者がプレイした時間】約110分
【紹介文】
終わりへ向かうRPG.
好感度によりエンディングが変わります。

<簡単な作品紹介orあらすじ>
ある日、帝国の発案した"魔法律"と呼ばれる法律が生まれ、
この世界は平和を生み出す事になる。

魔法律の内容は、要約すると以下の2つである。
「この世界に生きる人々は全員、魔法が使える事」
「魔法の使えない人間は、処刑となる」
この法律により、魔法を使えない多くの人間が処刑される事になった。

この物語の主人公"トパーズ"の両親も他の人間と同様、
魔法が使えないため帝国に捕らえられ処刑されてしまったのだ。
そして、彼の幼馴染である"こはく"もまた、魔法の使えない少女なのだが…


<感想>
世界に定められた常識に立ち向かうお話。

このゲームの最大の特徴は、その好感度システム。
道中の選択肢を選ぶことでヒロインの好感度が変化し、
それによって最後の展開が変わるというマルチエンド方式。

そして、メインとなるキャラ4人はみな自作絵が用意されています。
癖のある絵柄ですが、何気に可愛らしいです。
特に4人目の仲間"ルチル"、ちょっと画風が違うだろw
ストーリーも良い感じの出来。精霊との戦いは燃えた!

しかし、自分は"こはく"一筋で好感度を上げていたため、
"ルチル"の好感度が0の状態でラストバトル直前に辿り着きました。
すると…これからという所で突然噴水前に移動して、
何事も無かったかのように「こはくエンド」になってしまいました。
おそらく、イベント分岐の条件が「アイテムを持っていない」にしていたため、
それが真っ先に発動してしまったのではないでしょうか?

ちょっと惜しいところがありますが、かなりの良作だと思います。
このシステムは面白い!
スポンサーサイト

テーマ : RPGツクール
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
超執刀 カドゥケウス コロぱた
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。