スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品紹介 ?記憶の町?

【タイトル】記憶の町
【作者名】てる
【ジャンル】アドベンチャー
【紹介文に記載されたクリア時間】40分
【実際に筆者がプレイした時間】約40分
【紹介文】
主人公は記憶を無くした幽霊。
自分は何者か、何故死んでしまったのか。町を彷徨う

<簡単な作品紹介orあらすじ>
長年にわたって争い続けてきた人間と魔族。
彼らの代表となる「勇者」と「魔王」が、魔王の城の最深部で互いに向かい合っていた。
「…やるしかない。平和の為にも。」
覚悟を決めた「勇者」は、「魔王」を倒すべく剣を構えた。そして…

――気が付くと、あなたは森の奥にいた。


<感想>
「無くしてしまった記憶」を見つけるという、ちょっと変わったストーリー。
「幽霊になって色んなものに乗り移る」というシステムも良いが、それ以上に話の魅せ方が上手い。
これは見事と言わざるを得ない。
RPG的な要素もある事はあるけど、難易度は低めなので町で武器を揃えれば最後まで苦無く進める。

唯一の欠点は、最後の方にある進行不能バグ。
調べると町に戻るかどうかと聞かれるイベントが城内にあるが、
それを使って町に戻ってしまうと暗転してしまって自分がどこにいるのか分からなくなってしまう。

ただ、それを差し引いても、この作品はかなりの良作。
興味があれば是非!
スポンサーサイト

テーマ : RPGツクール
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
超執刀 カドゥケウス コロぱた
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。