スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品紹介 ?ラビュトリンスafter?

<作品情報>
【タイトル】ラビュトリンスafter 生きている世界が目の前に
【作者名】涼代 凜
【ジャンル】アドベンチャー
【紹介文に記載されたクリア時間】約60分
【実際に筆者がプレイした時間】約60分
【紹介文】
迷宮脱出後から始まる演出重視で物語のみ
こちらだけやるのも十分有りだと思います

<簡単な作品紹介orあらすじ>
不脱の迷宮『ラビュトリンス』の存在する塔、
『ダイダロスの塔』からの生還者が現れたのだ。
生還者達は、1人の青年を中心に、街へと向かっていった。

その男の名は"シュドナイ"。
彼は"ミノタウロス"を撃破し、救世主となった。

この物語は、彼や、彼を取り巻く仲間達の過去のお話…


<感想>
同作者の作品に登場する迷宮『ラビュトリンス』に関する作品。
基本的に、見るだけのもの。

演出が凝り過ぎていて驚いたw
ちょっとごちゃごちゃしていた事を除けば、かなり秀逸な部類。
中でも、最後の戦闘の演出部分は、
本気で「ええぇぇどうなっているの!?」ってなったw
すぐに理由は分かったものの、あれは参考になる。

所々セーブがあるのも親切。
ただ、あまり必要ないエピソードがあったと思いました。
もう少し題材を絞るなどしてすっきりさせていれば、もっと評価は伸びたかも。

噂によると別エンドもあるらしいですが、通常エンドだけ見て終了。
ラビュトリンスをクリアした人向きです。
スポンサーサイト

テーマ : RPGツクール
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。たっちょです。
まさか、afterを紹介してくれていたとは・・・

いらないエピソードというのは多分中盤のあれかな?
確かにプレイヤーにはそう見えるんだろうなぁとは思います。
でも自分的には全て必要なエピソードで、無駄なものは無いんですよね。
やりたかった事で形になる最低限を入れられただけなので・・・orz

最初の城下町のイベントは確かに無駄なってしまったんだろうなぁ…

予定では生還者6人全てにエンディングとオープニングを出すつもりでいました。

隠しエンドにたどり着けば私のやりたかった事の一端が見えるんですけどね。
そしてそれがラビュでやりたかった物語だったりします。

こんなものでも秀逸の部類に入るというコメントは嬉しいです。
結構驚いてもいてくれたようですし♪

紹介ありがとうございました。

Re: No title

お久しぶりです。

>いらないエピソード
あくまで個人的に感じた部分ですが、
序盤のキャラが多かった部分と、中盤の保健室の部分をやや削って、
ナナシとカミナに絞ったほうが良かったかもしれないです。

>予定では生還者6人全て
それは…容量足りないですw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
超執刀 カドゥケウス コロぱた
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。